専攻主任からの挨拶

初等教育専攻へようこそ!

 

専攻主任(2005年度)岩間 浩

 

 初等教育専攻では,将来小学校または幼稚園の教員になろうと望む学生が,さまざまな教科の専門を学べるようなプログラムを組んでいます.

教育の基礎・基本についてじっくり考える教職科目をベースとして,教科教育法関連の授業も充実しています.

1人の人間が幅のある領域の多彩な素養を身につける職業は,おそらく初等教育を専攻とする学生のみでしょう.たとえ不得意科目でもそれに真剣に取り組むことによって総合力を身につけることができるのは,素晴らしいことです.これが初等教育専攻を卒業した学生が社会に出る時に評価される点です.初等教育専攻で学ぶことは,他では得られない素地を身につけることであることをまず認識して下さい.

 また,物事の基礎を深く学ぶことには大きな意義があります.

基礎は一見単純で簡単に見えます.しかし,その中に深遠な真理が宿っています.基礎をただ機械的かつ表層的に学習・教育するか,基礎に含まれる深い意味を認識しつつ学習・教育するかによって,学習・教育が人間性を豊かにするか,人間性の向上なしになされるかが分かれます.初等教育専攻でこの基礎の意味を自覚しつつ学ぶならば,皆さんは将来「人間教師」として意義ある教員生活を送ることができるでしょう.

さらに,「教育とは何か」という哲学的側面や学習者の心理といった心理学的側面,教育の歴史や教育行政的側面,道徳教育や特別活動のこと,そして,近年登場した総合的学習の本質とあり方なども学びます.

再度,総合的な学習力を身につけ,将来子どもたちのために働こうと志すみなさんの入学を心から待ちにしています.

 

初等教育専攻自主ページの初めに戻る。                       サイトマップ